肩の痛み

肩の痛みの原因は、肩だけにあらず

肩の痛みは、野球、テニス、バレーボールなど球技を楽しむ学生から、中高年に発症する四十肩、五十肩など、年代問わず多くの方を悩ませています。本来、肩関節はとても自由度の高い関節です。上下左右大きな可動域を持ち、人間が活動するためにとても重要な役目を果たしています。

自由度の高い可動域を実現するために、肩関節は靭帯が少なく、大小の筋肉がバランス良く協調して働くことでスムーズな肩の運動を行うことができます。ですが、肩関節の大きな可動域は肩関節だけで成り立っているわけではありません。

肩甲骨・背骨・肋骨を含む体幹部だけでなく、骨盤や股関節、足が連動して動くことによってスムーズに動くのです。試しに膝を曲げて、背中を丸めた状態でバンザイをしてみましょう。恐らく、手が上まで上がらないはずです。

原因は関節周りの筋力低下

四十肩、五十肩は、加齢に伴うインナーマッスルの筋力低下などがしばしば原因になります。バランスを失った状態で過ごすことで40代、50代で蓄積した負荷がピークに達し、激痛を伴う関節炎を発症することが多いことからよく知られています。

スポーツなどは特定の強い運動が繰り返されますが、その負荷により疲労が蓄積し、抵抗が増えるとスムーズな関節の回転運動ができず痛みを引き起こします。成長過程で発症すると、その後のスポーツライフに大きな影響を残すこともあります。

蓄積したダメージによって軟骨はすり減り、筋肉が摩耗していくことで、肩の痛みはある日突然発症します。その強烈な痛みは、脳に刻まれます。その痛みを避けようとして無意識に不自然な動きを繰り返すようになり、より多くの負担が肩にかかることによって再発を繰り返しやすくなり悪循環に陥ります。

スポーツにおいても、パフォーマンス低下は避けられません。多くの方が痛みがなければ問題無いと考えがちですが、違和感程度の不安であってもなるべく早い段階で対処することが大切です。

スポーツ障害

スポーツ障害は全身の運動パターンを見直し、本当の原因にアプローチをしなければ、いつまでも長引き、繰り返し再発します。

手の痛み・腱鞘炎

腱鞘炎やバネ指は、RSIと言う反復性のストレス障害が大きな原因となりますが、それは一般的にあまり知られていません。

背中の痛み

背中のコリ、猫背の原因を作っているのは背筋でしょうか?背骨でしょうか?実は体幹はもっと大きな力によって支えられています。背中の痛み

ご予約・お問い合わせはコチラから
ご予約・お問い合わせはコチラから