スポーツ障害

長期化、再発する理由

スポーツ障害は多くは、反復した高強度の負荷が原因となります。障害の発生する共通点として多くの場合、肘、肩、膝、股関節など関節付近に集中して起こります。体を連結する関節付近は、細かいインナーマッスルや靭帯によって支えられておりその強度は大きな筋肉に比べれば低く、トレーニングによって鍛えることも限界があります。

繰り返される加減速や遠心力、衝撃による負荷によって少しずつ損傷していくことになります。スポーツ障害においても痛めた場所にだけ目がいきがちですが、スポーツは全身運動であり障害を引き起こす原因が痛めた場所から離れた場所にあることも少なくありません。

治療には競技特性を考慮する必要があります

例えば野球やバレーボール、ゴルフなどの投球やスイング動作では、全身の回旋運動を遠心力に変え、体の末端を加速させてパワーを生み出します。そのため、体の中心であるコアから生み出された運動を末端までスムースに伝えていく必要があります。そこで、体幹から骨盤や股関節、膝や足、胸郭や肩甲骨。そのどこかでエネルギーの伝達を妨げる要素があると、最終的にエネルギーを伝える部分に大きな負荷がかかることになります。

サッカーでは、強いキックを繰り返すことによってグロインペインという鼠径部痛が頻発します。キックのために加速した足が、フォロースルーの際に鼠径部に強い負荷をかけることによって発生します。鼠径部にかかる負荷を受け流すためには蹴り足に連動して骨盤を導く必要があり、そのためには体幹の機能や柔軟性が必要になるのです。

ダッシュやジャンプなど多く繰り返す競技なども同様です。足の骨や踵、足首、膝、股関節、骨盤。衝撃などの負荷を分散させるにも全身のスムーズな関節の動きが必要です。

スムースな神経伝達はスムースな運動を作り出す

人間は神経を介して全身のいたるところにあるセンサーから集めた情報を統合して、その情報を全身に反映させることによって運動を行なっています骨格、靭帯の強度、筋肉のしなやかさだけでなく、神経的なバランスもスポーツ障害が長期化し再発しやすい理由になっています。

そのためスポーツ障害全般の治療は、競技特性や全身的な背景を含めて進めていく必要があります。

バレエ・ダンス

高度な身体機能が要求されるバレエやダンス。人間の本質を理解し取り組むことで、より高く、より美しい表現が出来るようになります。

筋力トレーニング

どんな時でも治療の軸となるのは筋力トレーニングや運動療法です。治療初期から積極的に行うことで、改善のスピード感が全く違います。

足の悩み

足は二足歩行するためにとても重要です。足は全身の土台であり、そのトラブルは全身に波及し様々な問題を引き起こすため、見落とすこと許されません。